【ゲームレポート】香川オリーブガイナーズ終戦。後期優勝は愛媛の手に。(9月16日 香川オリーブガイナーズ)

四国アイランドリーグplus後期リーグ 香川オリーブガイナーズ 最終戦
高知ファイティングドッグス 8-4 香川オリーブガイナーズ
@高知球場 9月15日(木)

ph%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e7%94%a8og

香川オリーブガイナーズ後期最終戦は、9月月間7勝とリーグ史上お目にかかったことのない大混戦の台風の目となっていた高知の前に逆転負け。
65戦にわたった全日程を消化。前後期、ソフトバンク杯をすべて愛媛に獲られ、ガイナーズの2016年は無冠となった。

18時ちょうどに始まった試合は、古川のタイムリーに高知のボーンヘッド、高島のタイムリーと猛攻。18時15分には3点のリードを奪った。
先発エドワーズは速球のコントロールが良く、調子のよい時のエドワーズそのもので、3者凡退の立ち上がり。
18時30分の時点で愛媛VS徳島の1回の攻防も速報が上がり、ガイナーズ3-0リード、愛媛0-0同点。
img_4644

(1回表古川はレフトへタイムリーヒット)

打線は毎回ランナーを出しながら、3点を獲った後得点が伸ばせない。4回表の攻撃を終えて残塁6。何となく、緩やかに高知へ試合の主導権が移り、それは4回裏にスコアとなって現れる。
ここまで無安打に抑えていた高知打線の先頭山下に二塁打を打たれると、途端にボール先行。カウントづくりがうまく行かず、1四球に長打が2本で3失点。
19時20分過ぎ、徳島会場で徳島が先制点を挙げた情報が入る。高知会場は5回終了3-3同点、徳島会場は4回終了0-1愛媛ビハインド。このまま試合が終われば香川の後期優勝という展開。その情報は客席も伝わり、にわかにガイナーズ応援席がそわそわとした空気に。
6回、試合はさらに激しく動き出す。表の攻撃はガイナーズ初の3者凡退。裏のマウンドには”岸魔神”岸本が上がる。先頭にポンポンと2ストライクをとったが、そこから地面へ叩きつけたり、力みのある投球で3球連続ボール。三振には取ったがいつもの岸本ではなかった。
高知4番ザックにその力みを見透かされたかのようにベルト付近の甘い球を振りぬかれライトスタンドへ本塁打。
気落ちしたバッテリーは緩慢なプレーで三振に取りながら振り逃げでランナーを出し、さらに右中間突破の三塁打を打たれてこの回二失点目。
これ以上の失点をしないための前進守備、そこへひっかけさせて強い二塁ゴロを打たせたが、今度は伊東がジャッグル。打者はアウトにしたが、その間に三塁ランナーはホームを駆け抜けた。20時ごろ、愛媛が1-1に追いついた速報が入り、ガイナーズの優勝は両会場で厳しくなる。
7回表に1点を返したが、裏には後期ここまで33戦29試合登板とブルペンを支え続けた冨田がつかまり2失点。さらに点差は広がって4-8となる。
徳島会場からの情報は20時40分ごろ徳島がさらに1点を加えたことを告げる。
ガイナーズが同点まで追いつけば優勝のわずかな望みが出てきた。

だが、

8回表にマウンドに上がった高知のクローザー平良は140キロ後半のストレートと切れ味いい変化球で肩に力の入っているガイナーズ打線を牛耳る。高島を、クリスを、代打湊を3者連続三振。
9回も0点に抑えられてガイナーズの負けが決まった時、ほぼ同時に徳島会場では愛媛が再び同点に追いついた状態で試合が終わる。
あきらめなかったガイナーズの挑戦は最後の最後で道が途絶えた。

今季はこの試合でもネックとなった得点力が足を引っ張った。ヒット数も打率もリーグ2位だったが、得点は最小で、残塁は最多。とにかくタイムリーが出なかった。
宗雪主将が故障してから4番を打つことが多かった松澤は9回表の最後のバッターとなった。
「腹立たしく悔しい。何とかしてやろうとは思ってたんですが。」と責任を背負った。

西田監督は「最後までどのチームにもチャンスはあった戦いの中で選手は良く戦った。
エドワーズが投げて、岸本が投げて、冨田が投げて。やるべきことをやって負けたんで、納得しています。
ファンの皆さんの期待に応えられなかったことは残念だったし、選手は重く受け止めてね。育てながら勝つというのはそう簡単にはいかない。」
すべて出し切ったのか、言葉尻が柔らかいニュアンスで語った。

ガイナーズの選手たちは少しの休養と更なるトレーニングをもってNPBチームとの試合となる宮崎でのフェニックスリーグ、そしてその先にあるドラフトを目指す。

 

高知FD VS 香川OG 2016年度後期公式戦10回戦 香川 5勝3敗2分 後期通算 15勝13敗6分

1 2 3 4 5 6 7 8 9
香川OG 3 0 0 0 0 0 1 0 0 4 10 0
高知FD 0 0 0 3 0 3 2 0 x 8 7 2

勝投手:丸山  4勝 (高知)
負投手:岸本  3勝4敗11S(香川)
本塁打:ザック 7号 (高知)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です