【ニュース】ファイブアローズ、ラストピースは名門大卒のブランドン(8月30日 香川ファイブアローズ)

香川ファイブアローズは8月28日、3人目の外国籍選手となるモンテ・ブランドン(MONTAY BRANDON)との契約を発表した。
これで契約選手は合計12人となり、チーム側によると概ね今季を戦う選手全員が香川入りし、始動したことになる。

ブランドンはフットボールや野球も有名なフロリダ州立大(Florida State University)出身の大卒2年目の選手。

昨季の追跡可能なプレー記録はNBAサマーキャンプで1試合、ルクセンブルグ・トータルリーグのRESIDENCE WALFAR DANGEで1試合の合計2試合で目立った成績は上げていないので、実質プロ1年目といっていいと思われる。

フロリダ州立大時代の記録と動画で確認すると、ガード、フォワードのポジションでプレーし、2m越えのサイズのわりに機敏でドライブを武器にゴールへアタックし、派手なダンクができる選手。スティールが得意で、3Pを打つ役割はあまり任されていなかったという部分が見える。プレー面でもパーソナリティでも発展途上の選手と言えるので、衛藤HCのチーム作りにフィットできるかがカギになりそうだ。

ブランドンは、28日から31日まで開催される小豆島キャンプにすでに合流している。

モンテ・ブランドンプロフィール:
1993年9月3日生・23歳 身長203cm 体重102kg

〇コメント:
香川ファイブアローズのブースターの皆さんこんにちは!
やっと香川に到着して、皆さんが支えてくださっている素晴らしいチームの一員となれる事を非常に嬉しく思います。2017-18シーズンをチャンピオンシップという最高のゴールを目指して戦っていきますので、皆さんと試合会場でお会いできることを楽しみにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です